火気厳禁の書斎

名は体を表す。です。

すみれコード再生

45回転の「わたし」が、「あなた」のターンテーブルの上でぐるぐる回って廻って運命を奏でている。レコードの針は今この瞬間も着実に「わたし」を傷つけている。ぐるぐると。まっすぐな傷は小指に巻き付く運命の赤い糸。ぐるぐる、ぐるぐると巡ってでもあなたにはたどり着かないメビウスの輪。地球を一周する赤道のようにわたしはまた初めから運命を再生して赤い糸をたどってまた初めから「わたし」は「あなた」と永遠に追いつかないレースを走る。アキレスと亀よりも遠い「あなた」との距離。でも「わたし」は自己言及自己言及「わたし」と赤い糸で繋がってる。「わたし」は「わたし」が一番好きで、「あなた」より好きで、だから届かない手を頑張って届かせようとしない「わたし」が好きだ。届かないことで血を流すほど痛んで傷んで最後には歌も再生出来なくなる「わたし」が好きだ。今日も「わたし」は擦り切れる日を夢見ながら、ぐるぐると再生を繰り返す。