読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火気厳禁の書斎

名は体を表す。です。

豚骨ラーメンを作りました(二郎系)。

皆様お久しぶりです。火気厳禁です。

四ヶ月ぶりの更新が「豚骨ラーメンを作りました」とは、「火気厳禁の書斎」と題した小説書き散らしブログらしからぬ事ではありますが、前回の更新が前々回の更新から一年後なのでネタがないこともわかってもらえるはずです。

 

さて火気厳禁は先日から一人暮らしをしている訳ですが、なんとなく「豚骨ラーメン作ろう」と思い立ったのです。

用意したのがこちら。豚の骨と脚。

f:id:y-920:20160415160758j:plain

まず骨に付いた肉や脂を落とします。できるだけ。

f:id:y-920:20160415164836j:plain

こんな感じになりました。気分は屠殺場。

そして一旦血を凝固させるため熱湯で軽く煮ます。

f:id:y-920:20160415171606j:plain

既に旨そう。

この後骨を取り出し固まった血を取って骨を折ります。金槌で骨を割るのですが破片が飛び散って台所が汚れる汚れる。気分は火葬場。折った骨の写真は誤って削除してしまったのでお見せできません。無念…( ˘ω˘)

チャーシューも途中まで一緒に煮るので用意。豚をキツく縛ります。せっかく縛ったのに写真を削除してしまったので(以下略)

f:id:y-920:20160415180820j:plain

さて折った骨と豚足を煮る前に、余っていた葱と人参の切れっ端も鍋にぶち込みます。

出来上がりにどういう違いが出るのかわかりませんがこういうのは気分の問題です。

 

f:id:y-920:20160415183053j:plain

いえーい。それっぽくなってきた。

この時点でおよそ午後六時。火気厳禁は「まあ九時ぐらいには出来てるだろw」と思っていました。

結果から言います。ラーメンが完成したのは八時間後でした。

f:id:y-920:20160415181451j:plain

煮ている間にタレを作ります。醤油300gにみりん風調味料100g、味の素を適当に。これはチャーシューを漬け込むタレとしても使います。

f:id:y-920:20160415202404j:plain

一時間ぐらい煮た後、豚足から表面の脂を剥ぎます。そして骨から剥いだ脂と合わせてラードを作っていきます。細かくした脂を火にかけていると段々溶けて良い感じに匂いが立ってきます。

f:id:y-920:20160416085725j:plain

三十分ぐらいでラードになります。これは液体と分離したカスみたいな部分ですがカリカリで旨いです。色々使い道があるそうです。参考にしたサイトはこちら(ラードの作り方 | レシピサイトぷちぐる)。

f:id:y-920:20160415212528j:plain

三時間炊いたスープ。あれ、そんなに豚骨感なくね?色薄くね?

ここで火気厳禁は気付いてしまったのです。三時間程度で出来るという甘い読みが間違っていたことに。

それから五時間の間火気厳禁は新聞を読んだりテレビを見たり色々してなんとか時間を潰しました。一番つらかったのはコンロが安全機能を働かせてちょいちょい火を切ることでした。

f:id:y-920:20160416153302j:plain

八時間後。もう気分はラーメン屋。この頃になると葱もぐずぐずに煮えて繊維がお玉に凄い勢いで絡みついてきます。

この時既に深夜二時。今回使用したのはこの麺。

f:id:y-920:20160416082013j:plain

このサイト(セブンイレブンの冷凍つけ麺を使って「ラーメン二郎」を作る! - 全マシニキは今日も全マシ)を参考にしました。

 

 

地震のニュースに驚きつつ麺をレンチンしようとスタートボタンを押すとエラー表示が。やり直してもエラー。エラーコード「E02」を調べると「温めるものが少なすぎます」との表記。うるせーよ麺だけ温めさせろと思いながら冷凍麺を皿に載せレンチン。キャベツともやしをサッと茹で、チャーシューを無愛想に切ると湯切りした皿にタレとラードを突っ込んで味の素をこれでもかと振り、ザルを当てつつ豚骨スープを注ぐ。袋を開け麺を丼に入れるとスープがめちゃめちゃ溢れる。チャーシューもやしキャベツを盛っている間も止まらない。ここは泉か。余りにも溢れるので縁に口をつけて啜ってみる。「うまっ!」。旨い。二郎系の味がそこにあった。

 

f:id:y-920:20160416022130j:plain

 

貪り食った。何より二郎系の味が再現できた喜びが箸を動かせる。一時間半程煮たブタの程良い柔らかさ、歯応えのあるヤサイ、太麺の喉越し……。

俺は最高にエモいラーメンを作り上げてしまった。

 

 

最後に注意です。皆様は朝から仕込んでラーメンを作りましょう。午後四時半頃から作り始めて完成したのは日付が変わった後でした。

あと二日は豚骨スープの消費に追われることでしょう。それでいいんです。これから、このラーメン以上に旨い一杯に生涯出会えるのかが楽しみです。