火気厳禁の書斎

名は体を表す。です。

ウォーホルへの追憶

ダリがもし今生きていたなら、3Dプリンターで何を創っただろう。芸術とは常に技術の上に成り立つ。絵を描くのにカンバスと顔料が要らなくなったこの時代、芸術は過飽和して過去の形骸となっている。芸術の大量生産時代はもう始まっている。正確に言うと、1962年、アンディ・ウォーホルがマリリンをシルクスクリーンで写した瞬間から始まっていた。マリリン・モンローの死は大衆にとって衝撃的なものであった。彼女はセックス・シンボルかつ一種の偶像であった。ウォーホルは金色のマリリンを製作する。それはイコンのようだった。彼は「死と惨事」シリーズも制作している。彼の興味は「大衆は何に惹かれ、どのように情報は伝わるのか」ということに向いていた。彼は自身のアーティスト名を使い、自動車事故、飛行機の墜落、自殺する男までもポップに仕立て上げようとしたのである。それでもウォーホルは嘯く。「僕について知りたいなら、僕の作品の表面だけを見てくれ。裏には何も無いからさ」。