火気厳禁の書斎

名は体を表す。です。

少年少女囚幕 <連作集:少年少女総懺悔 了>

疲労と 後悔と 甘物を詰め込んだ胃が

夕暮れの電車の中

自戒のスープを煮込んでいる

牙を剥いた老いた獣の

唸り声を聞き 高揚する

押し付けられる苦行に 彼は何を思ったのか

その一瞬に

焼いた首元の煙を閉じ込めて

毒と 悪逆と 涙が

身体の中

精神薬のスープを煮込んでいる

無気力が首をもたげて 

主体性なく時間は流れていく

その一瞬に

取り返しの付かない一瞬に

「青春」の二文字を閉じ込めて