読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火気厳禁の書斎

名は体を表す。です。

少女幻像 【初出:2013/08/10】

少女はその女性用下着を身につけた時、とても大きな危機を感じた。

「自分はもう、こんなにも成長してしまったのか」。

恐ろしい程に自分は成長してゆく。

少女は、時間の流れを呪う。

自分の清廉を奪う時間を。

少女は、組み立てられる都市を呪う。

汚染と虚妄を生み出す都市を。

息をするように下らない嘘を吐く自分を呪った。

これから自分はもっと汚れてゆく。

人並みの秘密が隠された胸は、誰かの白濁した欲望で汚される。

自分が望んだことだろうと。

望んで汚される。

嗚呼、生きることは汚れていくことなのだろうか。

生きることは、汚されていくことだろうか。

むかむかする気持ちを抑えつつ、着替えを再開した。