読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火気厳禁の書斎

名は体を表す。です。

ウォーホルへの追憶

ダリがもし今生きていたなら、3Dプリンターで何を創っただろう。芸術とは常に技術の上に成り立つ。絵を描くのにカンバスと顔料が要らなくなったこの時代、芸術は過飽和して過去の形骸となっている。芸術の大量生産時代はもう始まっている。正確に言うと、196…

Bad trip

この頃よく夢を見る。バッド・トリップのあの状態のまま寝ると必ずこの夢を見る。自分はどこか白く広い部屋の中、デスクの上の電話を取って何か喋っている。電話の相手は女だ。しばらく何か話していたその時、破裂音が炸裂する。頭を上げるとボーイッシュと…

Silver

ベルトコンベアの上の鈍い銀色。俺は手にした器具を機械的に規則的にその銀色にあてがって次に送る。眼はとうに銀色に慣れてその反射する鈍い光も馴染んだものだ。ベルトコンベアでさえも銀色だし、何が悲しいのか壁も床も全て銀色である。しかし画一で無く…